トップページ >  日本口腔インプラント学会って?

日本口腔インプラント学会って?

日本口腔インプラント学会は、12,600人の会員数を誇る公益社団法人の学会です。東京は港区に本社を構え、インプラント治療にかんする情報発信や学術大会を通した研究後援などを活発に行っています。

1986年に発足してから、インプラントが普及するにつれて会員数も増加をたどり、研究の後押しや治療にかんする情報提供を行う団体として認知度が高まってきています。

2010年の公益社団法人化にあたっては、歯科系学会では初の取得です。時代のニーズを先読みし、最先端での情報発信を行う団体として頼りにできそうですね。

インプラント学会員について

学会には、入会者の属性に合わせ、いくつかの会員種別があります。

○賛同会員…入会金5,000円/年会費50,000円で、学会に賛同する団体が該当します。(詳細については要問合せ)
○学生会員…入会金1,000円/年会費3,000円で、歯科系学生が該当します。
○外国人会員…入会金2,500円/年会費5,000円で、外国籍の歯科医や研究者が該当します。
○準会員…入会金2,500円/年会費5,000円で、歯科技工士・衛生士が該当します。
○正会員…入会金5,000円/年会費10,000円で、歯科医師、医師、歯科系研究者が該当します。

学会に入会することで、種別によって学術発表や論文投稿、学会誌の送付などの特典を受けることができます。

ホームページでは学会の概要や報告に加え、資格取得のための制度紹介や学会誌の閲覧、学術大会の開催内容をチェックすることができます。インプラント治療に携わる医師の資格について確認したり、新しい医師を探す際のデータベースとしても活用することができそうです。