1:まずは歯周病ケア

歯周病が原因で歯が抜け落ちてしまいます

インプラント治療を行なうにあたって、その前に歯周病の治療から始めなければなりません。
歯周病は、歯周組織が細菌に感染し、炎症や出血を引き起こし、悪化すると歯が抜け落ちてしまう病気です。

 

歯周病の自己チェックをしてみましょう

日本人の約8割が歯周病にかかっているといわれていますが、初期段階では自覚症状がほとんどありません。
そのため、症状が悪化するまで気がつかないことが多いのですが、歯周病は、悪化すると歯が抜け落ちてしまう恐ろしい病気です。
歯周病には、早期発見・早期治療がもっとも重要なので、まずは自分でチェックをしてみましょう。

【歯周病チェックリスト】

□朝起きたとき、口の中がネバネバする

□歯肉がかゆい、痛い

□歯肉が赤く腫れている

□歯を磨いたり、硬いものを食べると血が出る

□口臭が気になる

□歯がグラグラする

□硬いものを噛むと痛む

□歯ぐきから膿が出る

□歯と歯の間に隙間が出でてきた

□歯ぐきが下がって、歯が長くなったように見える

当てはまる項目が多かったり、気になる症状があれば、早めに歯科医院に行って診察を受けることをおすすめします。

歯周病の予防法&治療法

歯周病になってしまった場合には、次のような予防法・治療法があります。
歯周病は、再発が多い病気ですから、インプラント治療前、治療後にも徹底的に予防・治療する必要があります。

プラークコントロール

テレビコマーシャルなどでもよく耳にする「プラークコントロール」。
これは、歯周病の原因である「プラーク=歯垢」の量を減らすための方法をいいます。

プラークコントロールの中で、もっとも手軽で重要なのは歯磨きです。
歯科医院で正しい歯磨きの仕方を教えてもらいましょう。
歯間ブラシやデンタルフロス、歯周病予防に効果のある歯磨き粉などを使用するのもおすすめです。

また、規則正しい食生活もプラークコントロールのひとつです。
食事の時間をきちんと決めたり、間食を減らしたり、甘いものの食べすぎにも注意しましょう。

スケーリング&ルートプレーニング

歯周病の初期の治療として一般的なのが、スケーリングとルートプレーニングです。
スケーリングは、「スケーラー」と呼ばれる器具を使用して、歯垢や歯石を取り除く方法です。
スケーラーには、超音波スケーラーとハンドスケーラーなどがあります。

スケーリング後に行なう処置がルートプレーニングで、スケーリング後の歯の表面を滑らかにすることです。
ルートプレーニングを行なわないと、歯の表面がでこぼこしたままで、そこに細菌が入り、虫歯になりやすくなります。

PMTC

専用の器具を使用し、プラークを除去する方法が「PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)」です。
治療というより、歯周病や虫歯の予防として利用されます。
プラークを除去した後、歯の表面にフッ素を塗り、細菌を付着しにくくします。

歯周病や虫歯の予防のほか、歯質を強化したり、口臭予防、歯の着色汚れを落とすなどの効果があります。

外科治療

中度~重度の歯周病の場合には、外科手術が行なわれることもあります。
もっとも多いのが「フラップ法」で、歯肉を切開して歯槽骨から剥離し、プラークを除去した後、歯肉を元の位置に戻して縫合する方法です。

これらの治療でも治せない重度の歯周病になると、インプラント治療が考えられるかと思います。
インプラントの治療には、歯周病の治療・予防が欠かせませんから、とくに歯周病の予防に力を入れている歯科医院を選ぶとよいでしょう。