トップページ >  ここが知りたいインプラントQ&A >  治療費はいくらかかる?

治療費はいくらかかる?

インプラント治療費はけっして安くはありません

インプラントにかかる費用は、歯科医院やインプラントの種類、人口歯の種類によって異なります。
費用は、1本あたり20~60万、平均すると30~40万円となっています。

 

インプラント費用相場と内訳

1本あたり30~40万円が相場とされるインプラント。そのなかには

□検査・診断費用
□手術費用
□インプラント費用
□人工歯費用

などが含まれています。

通常、インプラント埋め込みの手術費用に10~30万円ほど。
人工歯はオールセラミックの場合7~17万円、ジルコニアセラミックで9~20万円、ハイブリッドセラミックで4~12万円。
また、メタルボンドで5~15万円、ゴールドクラウンでは4~15万円くらいかかるといわれています。

このほか、骨量が不足している場合などは別途、費用がかかります。
サイナスリフトの手術費用は15~35万円、ソケットリフトは3~10万円、GBRは5~15万円くらいが相場のようです。

このほか、手術後の定期メンテナンス費用もかかりますし、特別な処置(笑気麻酔や静脈内鎮静法など)を行なうと、その分の費用がかかります。
事前にしっかり確認しておきましょう。

安ければいいというものではない

インプラント治療は健康保険適応外のため、かかる費用は高額になることが多いのですが、医療費控除の対象となります。
歯科医院でもらう領収書は、確定申告を行なうときまで、きちんと保管しておきましょう。

歯科医院によって、インプラント治療の費用は異なります。
治療を受ける側としては、安いほうがいいと思ってしまいますが、相場よりも大幅に安いところは注意したほうがいいかもしれません。
治療後のアフターケアが万全でないかもしれませんし、技術力の面でも不安があります。

インプラントは、治療をして終わりというものではありません。
むしろ、治療後が重要で、自分の歯として長く定着させることが目的ですから、技術力はもちろん、アフターケアをしっかりしてくれる歯科医院を選ぶことが大切です。