トップページ >  ここが知りたいインプラントQ&A >  インプラント以外の選択肢は?

インプラント以外の選択肢は?

入れ歯やブリッジという選択

歯周病などで抜歯をし、代わりの歯を入れる方法には、インプラント以外に入れ歯やブリッジという選択肢があります。
入れ歯やブリッジを希望する場合には、自分の歯や歯ぐきの状態、費用なども考慮して、最適な治療法を提案してもらいましょう。

 

入れ歯のメリット・デメリット

【特徴】

多くの歯を失った場合や、両隣に支えとなる歯がない場合に有効。
周りの歯にバネをかけて入れ歯を支える部分入れ歯と、歯茎の上に乗せる槽入れ歯がある。

【メリット】

□多くの歯科医院で治療ができ、治療時間も短い

□素材によっては健康保険での治療が可能

□健康な歯を削る必要がない

【デメリット】

□装着時に違和感を覚えたり、発音しにくい場合がある

□天然の歯より咀嚼力が落ちる(部分入れ歯の場合天然歯の30~40%、総入れ歯の場合10~20%)

□硬いものが噛めなかったり、食事の際に味覚や食感が損なわれることもある

□金属のバネを使用している場合、口を開けたときに見えることがある

□口内の変化により、数年後とに作り変えが必要

□歯を失った部分から骨吸収が始まり、顎の骨がやせていく

ブリッジのメリット・デメリット

【特徴】

失った歯が1~2本くらいで、失った歯の両隣に歯がある場合に用いられる方法。
失った歯の両隣の歯を削り、両隣の歯をかぶせるようにして連結した人工歯で橋をかける。両隣の歯が差し歯の場合はできないこともある。

【メリット】

□固定式なので、装着感がほとんどない

□素材よっては健康保険での治療が可能

□使用する素材によっては、自分の歯と同じような外観になる

□適切に作られていれば、天然の歯と同じ噛み心地が得られる

【デメリット】

□失った歯の両隣に歯がないと治療できない(失った歯が多い場合はブリッジでの治療は不可)

□健康な両隣の歯を削らなくてはいけない

□支えとなる両隣の歯に大きな負担がかかる

□ブリッジと歯肉の間に物が詰まりやすく、きちんとケアしないと虫歯になりやすい

□歯を失った部分は、次第に骨吸収を起こしていく