トップページ >  ここが知りたいインプラントQ&A >  インプラントの種類を教えて

インプラントの種類を教えて

どれを選ぶ?インプラントの人工歯の種類

インプラントの人工歯に使用される素材には、いくつかの種類があります。
また、顎の骨の強度が低い方などでもインプラントが可能な方法も紹介します。

 

人工歯の種類と特徴

●オールセラミック

すべてがセラミックでできており、美しさや透明感にすぐれ、天然の歯に近い色が出せる。
劣化や変色もしにくく、汚れがつきにくい。金属を使用していないので、金属アレルギーの人でも使用できる。
磨耗することは少ないが、金属に比べて割れやすいため、噛み合わせの悪い人や歯ぎしりをする人にはあまりお勧めできない。

●ジルコニアセラミック

美しい歯の色と歯ぐきになじむため、とくに審美性にすぐれている。
金属を使用していないので、金属アレルギーの人でも使用できる。
柔軟性があり、噛み合う歯にダメージを与えにくい。比較的、価格が高いことが多い。

●ハイブリッドセラミック

セラミックとレジンというプラスチックを混ぜ合わせた素材でできている。
自然に近い白さが出るので、天然の歯に近い仕上がりも可能。
金属を使用していないので、金属アレルギーの人でも使用可。価格は手頃だが、長年使用すると、変色する場合もある。

●メタルボンド

金属のベースにセラミックやレジンを焼き付けたもの。
見た目は自然の歯に近いが、ベースは金属なので強度にすぐれている。
中に金属を使用しているため、金属アレルギーを引き起こすこともある。

●ゴールドクラウン

金を主成分として、複数の金属を混ぜた金合金。
金属なので腐食することがなく、自分の歯に使い硬さなので歯になじみやすい。金合金のため、見た目を重視する人には不向き。

インプラント治療のために行なう措置

一般的に、顎の骨が少なかったり、骨の強度が十分でない人には、インプラント治療は不向きとされています。
しかし、そのような場合でも、インプラント治療が可能になる方法があります。

●サイナスリフト

上顎の歯槽骨の上部には、上顎洞(サイナス)という空洞があります。
上顎の奥歯を失った場合、この空洞が拡大してしまい、インプラントを行なうための十分な骨がなくなってしまうことがあるのです。
そこで、専用の器具で上顎洞粘膜を上顎洞から剥離して上顎洞底部を押し上げて、そこに自家骨や骨補填材を入れるのがサイナスリフトです。

●ソケットリフト

インプラントを埋め込むところの、骨の上顎洞底部までの高さが5mm以上ある場合に行なう方法です。
専用の器具を使って上顎洞底部を持ち上げ、できた隙間に自家骨や骨補填材を入れて不足した骨を補います。

●GBR

増やす骨の量がそれほど多くない場合に用いられる方法です。
骨の厚さが不足していると、インプラントが露出する部分が多くなり、安定性が悪くなります。
そこで、骨量が不足している部分に粉砕した自家骨や骨補填材を置いて、その上に人口膜をかぶせます。
すると、歯肉などのやわらかい組織が混入しなくなるので、骨の再生が促進されます。
個人差はあるものの、4~6カ月くらいで骨が再生され、インプラントも安定してくるといわれています。